故郷を離れて都会で暮らす人の埋葬・納骨

故郷を離れて都会で暮らす人の埋葬・納骨について

近年は核家族化がさらに進み、故郷には年老いた両親のみが暮らし、ご両親が亡くなると故郷の実家は空き家となり、その地方の村は過疎化を通り越し、存続の危機に瀕すると言う状態となっています。

先祖代々のお墓を守る

そんな故郷の先祖代々のお墓を維持する事は極めて難しくなっています。

核家族化と共に、少子が進展し、先祖代々のお墓を守る人が居なくなり、無縁化する現象が増加しているのです。
また無縁化には至っていなくても、遠くの故郷のお墓参りさえできず、お墓の掃除とお参りを代行業者にお願いし、何とか維持している方も少なくありません。

自分の子供や孫に、自分と同じ先祖代々の墓を守る重圧と費用を背負わせるのは避けたいと、費用を掛けて故郷のお墓の墓じまいをして、自宅に近い埋骨・納骨施設に遺骨を移される方も増えている程です。

そんな都会で暮らす人が亡くなった時、その埋骨や納骨をどうすべきか悩まれるケースが非常に増えています。

長男で故郷のお墓に埋骨できる立場でも、維持する事が難しいお墓に埋骨すると考える人は極めて少ないと言えます。

やはり家族や子供が住んでいる都会で埋骨・納骨しようと考えるのが一般的です。

しかし都会の交通の便の良い立地で霊園を確保する事が難しく、また確保できても、そこに墓石を建ててお墓を建立するとなると費用が非常に掛かります。

そんな背景から、都会では無縁化対策として永代供養してもらえる埋骨・納骨施設を選択される方が増えています。

ここでは都会で一般化しつつある永代供養の埋骨・納骨施設について説明したいと思います。

納骨堂や永代供養墓について

寺院や宗教法人が、都会でのニーズに応えようと納骨堂や永代供養墓を新たに次々と設置する流れが続いています。
埋骨・納骨方法としては、個別の骨壺を収納し、遺族がそこに手を合せてお参りできるものや、大きな納骨施設に合祀し、遺族はその大きな合祀墓の墓石に向かってお参りするものが主流となっています。
合祀される施設の方が、個別に納骨・埋骨される施設に比べて費用は安いのが一般的で、費用を勘案して遺族がどちらにすべきかを考えて納骨されるが普通です。
しかし中には、子供に迷惑を掛けたくないと、生前に予約と費用の支払いを自分で払って終活として準備されている方もおられます。永代供養の納骨・埋骨施設では、納骨時に一定金額を支払えば、普通のお墓の様に管理等が不要なため、終活として事前に準備し、遺族に迷惑を掛けない事が可能なのです。
また最近では、昔から普及して来た納骨施設が多様化しています。施設内にお参りのスペースがいくつかあり、そこにカードをかざすと特定の故人が納骨されたお墓様の墓石が現れると言ったハイテクを駆使したものもあります。
さらに、従来の納骨や埋骨施設では、ご遺骨1体を個別に納骨するか、合祀するのが一般的で家族のご遺骨を一緒に納骨できない欠点があり、これを解決するため、数体のご遺骨を納める事が出来るお墓のマンションと言える施設も、色々と造られています。
この様に多様化する永代供養付きの納骨・埋骨施設に遺骨を納める方が都会では増え続けているのです。

樹木葬と散骨について

最近、樹木葬施設に埋骨される方も増えています。この樹木葬は、従来の寺院の境内に専用のエリアを設けて造られたり、都会から少し離れた里山の麓に新たに樹木葬専用の埋葬地が開発されたりしています。
この樹木葬にも、大きな桜の木の下等に合祀されるものや、個別に樹木を植えた傍らに埋骨されるものがあります。
いずれの樹木葬も永代供養され、また遺骨を布などに入れて直接埋骨されるため、10年もすれば遺骨は土に戻ります。この土に還る事や樹木に囲まれた自然の中に埋骨される事から、自然回帰を意識される方が、生前予約して埋骨されるケースが非常に多くなっています。
また、特別な方法として散骨と言う方法を採られる方もおられます。元々埋葬に関する法律では、散骨に関しては想定されておらず、合法か否かが論争された事もありましたが、法務省が合法と判断を下しており、この方法を採る事も可能です。
違法ではないと言うものの、遺骨を細かく砕き、環境汚染や漁業に影響を与えないエリアに船で向かい、そこに散骨する必要があり、業者さんにお願いして段取りしてもらう必要があります。
故人が海が大好きであり、散骨して欲しいと遺言を残しているケースが多いようですが、遺族にとっては合掌してお参りする目印がない点がデメリットとなる事から、余り現在も普及しているとは言えません。
またある地方では、無人島全島を散骨施設として、散骨後はその島が見える高台に祭壇を設け、そこから島を目印としてお参りできるようにした施設も出現しています。
これかの多死時代に向けて、永代供養施設は益々多様化しながら増えて行くと言えるでしょう。

いいお墓 バナー