永代供養の納骨や埋骨施設が人気?!

永代供養の納骨・埋骨施設を選択する方が増え続けています

無縁化の課題に直面する従来のお墓

昔は先祖代々の墓や一族の墓が地元の墓地に並んで立つと言う光景が見られました。

しかし、核家族化で地元から都会に出る方が増え続け、地方の墓地・霊園は次第に寂れると言う課題を抱えています。
遠方のお墓を守るのは、金銭的にも精神的にも大変で、地元のお墓の墓じまいをして、居住している都市に近く、お詣りし易い納骨・埋骨施設に移される方が増えているのです。

墓じまいは、終活としてよく言われる話題ですが、手続き等が非常に大変です。
それでも自分の子供達にお墓を守る大変さを引き継がないようにと、墓じまいを行う方が増えているのです。

しかし都市部では新たに墓地霊園を確保する事が難しく、しかも高い費用を払って入手できたとしても、少子化の影響もあり、いつ無縁化するか分からないのが現状と言えます。

一般の墓地・霊園では管理等を毎年支払う必要があり、お詣りする人が絶え、管理等が支払われなくなると、一定期間告知した後、そのお墓は撤去されて遺骨は無縁墓に移され合祀されるのが一般的です。

こうした背景から、新たに納骨・埋骨施設を求める場合には、永代供養の施設を選ばれる方が増えているのです。

都市周辺では、そんなニーズに対応するために様々な永代供養施設が次々と建設されています。

以降で主な形式を紹介したいと思います。

最近では施設が多様化すると共に、それに応じて費用も非常に安い物からお墓を建立するのに近い費用が掛かるものまで、様々です。

従って自分達の想いと、予算で埋骨・納骨できる様になっています。

一般的な納骨堂と永代供養墓の概要とよくある誤解

永代供養の施設として一般的なものとしては、納骨堂や永代供養墓と呼ばれるものがあります。

これはには個別の骨壺に遺骨を納めたまま、納骨堂に並べたり、団地の様なお墓に納骨され、遺族等が個別の目印に手を合わせる事が出来る方式と、多くの方の遺骨と合祀され、大きな墓石等に向かって遺族が手を合わせる方式に大別されます。

一般的には、個別にお詣りできる方式よりも、合祀される方式の方が費用は安くなっています。

こうした施設では、お詣りする遺族等がいなくなっても、僧侶によって丁重にお祀りし続けてもらえるのです。

しかしよく聞く話として、永代供養と言うものの、実際には永久ではなく一定期間だけだと言うのがあります。

これは誤解と言えます。

おそらく、この話は個別にお詣りできる形式の永代供養施設の中には、33回忌を過ぎると個別から合祀へと遺骨が移される施設があり、これを指して永代と言うものの、実際は永久ではないと言われているのでしょう。

もちろん合祀に移されても、丁重に祀られる事に違いはありません。

33回忌以降は合祀に移すと言った事は、施設の説明や契約で明示されているはずですので、合祀されるのが嫌な方は、この点について確認し、それこそ永久に合祀される事の無い施設を選ばれると良いでしょう。

また最近では寺院が境内や別棟としてこうした施設を設けるケース以外に、宗教法人がビルを建設して、そのビル全体を納骨施設としている事も少なくありません。

そんな施設の中には金儲け主義の所も稀にあり、施設を選ばれる場合にも注意が必要と言えます。

自然回帰の想いから樹木葬を選ばれる方も増えています

近では、樹木葬を選ばれる方も増えています。

樹木葬は、広い境内を持つ寺院内に設けられる事もありますが、多くは土地が確保し易い都市郊外の里山の麓に、新たに設けられるのが一般的です。

この樹木葬は、自然豊かな立地である事と、埋骨する事で自然に帰る事が出来ると言う点から選択される方が増えているのです。

樹木葬も永代供養ですが、埋骨方式にも様々なスタイルのものがあります。

大きな桜等の木が植えられたすぐ側に、団地スタイルで個別の納骨スペースを設けたものや、個別に好きな樹木を植えて、その傍に個別に埋骨できる施設等があります。

前者の場合は、埋骨する方式ではないので、樹木葬と言うより、樹木等の自然豊かな中にある納骨施設で、遺骨が土に還ることはなく、自然回帰の想いには答える事ができない施設と言えます。

後者の個別に埋骨して、その傍に個別に樹木を植える方式では、その樹木としては桜、ハナミズキ、サルスベリ、ウメモドキ、エゾアジサイ、モミジ、バラ等の中から好きな種類を選べる様になっている所が多いようです。

ちなみに、自然回帰という考え方は、遺骨を布袋に入れて土に直接埋めると、土中の微生物により遺骨が分解されて土に還る事を指します。

この遺骨を土に還すのは、樹木葬に限られたものではありません。

従来のお墓でも、お墓の中に空洞を作って骨壺を納める形式にせず、花や線香を手向ける前の部分の下に穴を掘って遺骨を埋める構造のお墓にすれば可能です。

いいお墓 バナー