「昨今のお墓の事情と遺骨納骨などの考え方、」 

昨今の墓地やお墓の考え方の変化

昨今は高齢化とか社会現象によって「終活」などという流行り言葉もあります。
終活(しゅうかつ)とは、一般には「人生の終わりのための活動」の造語の略で、普通は自分や身内が高齢で死亡したときに葬儀のあり方について考えることで、葬儀の費用や葬儀保険と言ったものから、葬儀会館は何処にするかとか、読経のためのお坊さんをどうするかとか、其れに通夜や葬儀の方式をどうするなどが色々と考えラ得ているようです。
其れでも終活の最後も目的は故人となった場合の亡骸や遺骨をどう処分するかといいった方法が最終の目的になるでしょう。

特に、此方も社会現象の一つになりますが、近年では田舎の方では過疎化が進み若い人たちは田舎の故郷を離れて都会へと住処を変えてる時代でもあり、田舎の方の墓地やお寺さんに関しては檀家の人たちが次第に減ってきて、管理不十分無縁仏の墓地も多くなっていると言われています。

一方、都会では田舎に置き忘れてきた墓地などの管理が行き届かなかったり、或いは結果として墓地やお寺を持たない人達も増えているとされ、いざ、故人を埋葬するときに、「さて、どうしようか」というような現実的な自体も発生しているのです。

其の様な結果として、現実問題としてお墓や墓地、其れにお寺の事情も変わってきて、お寺を持たない宗教色のない霊園とか、更にはお墓や寺院、霊園を持たないので所謂、納骨堂へ収める遺骨の一体化や遺骨すら持たない散骨とかいう方法も実施されているようです。

お墓や墓地の移転や移動の考え方

一方、過疎化に悩む田舎の方ではお寺や墓地の維持管理が出来なになって、立派な石碑のある墓地も次第に無縁仏、無縁墓地と変化し、更にはこの問題は永代供養の増加ということも含んでいるようです。

つまり永代供養というのはお墓をお参りしたり、管理したり、更には後を継いでくれる人がいなかったりと同時に、何らかの事情でお墓の維持管理を続けていくことが困難な人に代わって、霊園やお寺が供養を行ってくれるというシステムです。

しかしながら、先祖様を大事に思っている人達は、先祖を祀っているお墓や墓地が大事である事を十分に承知していて、田舎に置き去りにしている墓地を、いつの日にかお墓の移すことを考えます。

このように菩提寺のお寺を含めて墓地やお墓を他の場所や位置を移動することを考えます。

此の事はお墓の「改葬」ともいいますが、実際問題としてお墓の移動や移転というのはそう簡単ではなく、やはり、管理者の手続きは行政上の許可も必要になってくるようです。

つまり、お墓の移動や移転は、自分のすきかってには出来ないということです。

また、正規の手続きが終わっても自分でかってにお墓を掘り起こしたりは出来ず、それば其れなりの作法にのとって死者の魂を丁重に扱うのも儀礼というものです。

具体的には、故郷にあるお寺の墓地を石材屋にお願いして掘り起こしたり、お寺の僧侶による「魂抜き」という正規の法事をも行い、若し、遺骨が古くて見つからない場合には、其処の土を遺骨の代わりとして移すことになるようです。
また、霊園などにお墓を移したときには関係する僧侶を呼んで「魂入れ」(たまいれ)の儀式を行うのも必要になってきます。

昨今の墓地やお墓に対する考え方

此のように、昨今では葬送方法というかお墓や遺骨の扱いが変化してきて、其の選択肢が増加しているともいわれています。

今までの一般的なお墓やお寺の概念から、所謂、新しい感覚の永代供養、納骨の方法(納骨堂方式)、其れに散骨などの自然葬、或いは手元供養など何種類もの方法があるようです。

死後の葬送儀式はそんなに変化はないようですが、最後の遺骨の処理の方法は色々有って、結局は家族や自分自身(故人となった場合)で決めていく人も増加傾向にあるとされています。 つ

まり、自分が死亡した場合は家族に迷惑がかからないように、自分らしい供養の方法を模索するということです。

特に、少子高齢化が進むと、結果として親の世代に対して子どもの世代の数が少なくなります。

極端な場合は子どもが居ないために自分の代の次にお墓を継いでくれる人がいないという事態もおきてくるのです。

結果として、今までのように「お墓を次代に継承する」という考え方自体が次第に薄れつつあるのです。

実際に、お墓や墓地を管理をしていくことは、場所や位置的にも、また、金銭面でも、更には精神面でも体力面でも結構大変なことです。

結果として「子ども達には迷惑をかけたくないという考えかたが優先する次代になったということも言えるでしょう。

お墓という問題も、家族や跡継ぎという考え方と同様に次第に薄れてきて、即ち、家族の在り方が多様化してきている昨今では、「子どもにお墓のことで迷惑をかけない」ということを気にしている人も沢山出てきました。

従って、家族や親子で今後のことをシッカリと話し合い、お互いが納得できる方法で「死んだ人をどのように最後まで弔うか」ということを、真剣に考えておく必要もありますね。