此れから檀家になってお墓を建てますか。

都内のお墓の値段と形態

今、都内のお墓が変わりつつ在ります。

お寺に墓石を建てる時代ではなくなって来ています。
ビル式納骨堂に人気が集まっています。
納骨を済ませると全ての物がセットになっていて、手ぶらでお参りが出来て、雨の日でも風の強い日でも室内でお参りが出来ます。
■一般のお寺で墓石を建てる費用の約半分の値段で契約をする事が出来て、後々の費用も掛かりません。

何時でもお参りが出来て、お花代やお線香代も掛かる事は無いのです。
少子化の時代にびったりなお墓の形ではないでしょうか。
子供達に将来負担を掛けないお墓だと思います。

墓石を買って文字を書いて貰うにもかなりの金額が掛かり、土地の値段も安くは在りません。

今も都内でお墓を建てるには400万円程掛かるのかも知れませんが、ビル式であれば、50万から100万円程で入る事が出来ます。

その人に合ったお墓の形態で良いのですが、将来を考えて見た時に、子供達への負担が少ない方が良いのではないかと思います。
■中には、ビル式何て嫌だと言う人も居る事でしょう。

お墓はお寺でなければと思っている人も居るでしょう。

お寺を選ぶ時も注意していただきたい事が在ります。

ま、雰囲気がいい処は言うまでも在りませんが、次に寄付金の無いお寺

お布施の無いお寺を探していただいた方がいいですね。

合っても年会費にて多少のお布施がある位で、これらの金額が無ければかなり楽になります。

お寺も安く売りだしにかかっていても後が高ければ一緒です。

将来を考えてお墓を選ぶ時代です。

お墓のイメージはお寺に墓石が在ってお参りをする、殆どの人が思っているのではないでしょうか。

生前にお寺の檀家になり安く土地を買って墓石を建てる事は当たり前の様でしたが、ここで少し考えて欲しい事が在ります
■永久に供養が出来ますか。
親が亡くなり私達の年代まではお墓詣りが出来るとして、その後を継ぐ者は居ますか?

もし、居ないので在れば、誰が此のお墓を見てくれるのでしょうか。
■先祖代々のお墓は都会に住む人には無縁になりつつ在ります。

田舎に実家が在り先祖お墓が在る人も居ると思いますが、最近では都会で新たにお墓を購入する人が増えていると思います。

ここで先の事も考えて置ていて欲しいのです。
■その時は安く購入で出来たとしても、高くつく場合も在ります。

檀家になれば、お寺にお布施や寄付金などが発生してきます。

お墓詣りの度に、お花代お線香代お布施と言った様に掛かる物が多くなります。

親が亡くなり、子の時代になった時に、子供の経的な事情も在ると思います。

此れが死ぬまで続くのです。

歳を取り此のお墓を維持して行く事が出来るのかどうか、此れからお墓を探して建てようと思われている人にはちょっと立ち留まって考えて見て欲しい事です。
■時代も変わっているので色々な方法が在ります。
お寺イコールお墓の時代は終わっていると思いますが、一度調べてみると可なり値段にも差が在り、今の時代に合っているお墓も在ります。検討してみて下さい。

永代供養にしてもらうには。

お寺の檀家になり年会費などを払っていても結局後を見る人が居なくなってしまえば墓石も用済みと言う事です。
■生前に墓石を撤去して永代供養をしてもらう。

生前に永代供養をしてもらう手続きをしておいた方が良いと思います。

色々とあるでしょうが、幾ら位掛かるのか、そこのお寺でやってもらえるのか、
■その点、ビル式は最初から永代供養なので、万が一後継者が居なくなったとしても安心でです。

此れがらのライフスタイルに合わせてお墓の在り方を考えて見てはどうでしょうか。

最近は、海にお骨をまいて欲しいと言う人も少なくない様です。
■色々な問題、家族の考え方の違い、少し話合ってみてはいかがでしょうか。

人ぞれぞれ考え方が違います。

家族であっても違う考え持って居ますが、生前に一度話合って見る事も大切です。

この時代にお墓の有るべき形を知っておくチャンスかも知れません。

結局は永代供養にして、負担を軽くしていく方がベストではないかと思いますが、実際にどうすれば良いのかお寺に行って相談してみる事も良いかも知れません。

お墓にの事は実際分からない人の方が多いと思います。

専門の人に相談して生前に決めておく事も一つの手段ですね。
■自分で見て聞いて、調べて置きたいものです、

良い墓を見つけて置く事も、家族に対いての思いやりでは、と思います。

さて、頑張って見つけてみましょう!

良くて安くていい場所のお墓もきっと見つかるかるかも知れません。