お墓を建てる費用を抑える知っておきたい事情

費用を抑えてお墓をたてるなら知っておきたい事

墓石の値段が決まる要因はこんなこと

先祖代々の墓がないなど様々な事情でお墓をたてる方の中で、出来るだけ安いお墓を探しているという人は多いのです。

ですが、お墓そのものの値段に差が出るのは一体どんなことが理由なのかを知っていますか?

工事費などは一切関係がない、「墓石」の値段の要因をみてみましょう。

まず、墓石の値段は使用する石材で変わってきます。

お墓に使う石材にもランクがあり、基本的にはこのランクが高いほど上質とされますので値段も上がります。

ただし、ランクが高くてもその石の採掘量が安定しているなら、供給が滞りませんから値段はお手ごろにすることが出来ます。

これがキメが細かく水の吸水率が低い上に滅多に出回らない希少性が高い石だと、当然値段はかなり高くなります。

また、その石材がどこから採掘されたのかも値段を左右する要因です。例えば日本国内で採れる御影石をとっても、日本産中国産では半額ほどの差があります。

ランクや石材は好みがあるけれど石の産地にはこだわらない、という方であれば、海外からの輸入石材の利用を選択することで安く墓石を手に入れることが出来ます。

そして石の加工地がどこであるかも値段に影響します。

山から切り出された石材は墓石の形に加工する必要がありますが、日本では伝統的加工技術を駆使して加工するのに対し、海外では指定された形に切るだけ、という加工で終わることもあります。

同じ石材であっても加工地が違えば値段も違ってくる、ということを覚えておいて下さい。

お墓の設置費用相場と内訳は

お墓はその立地や地価によって値段に差がありますから一概には言えません。

一般的な相場としては、比較的小さめのお墓で約150万円ほど、一般的な区画の広さと墓石で約200万円ほど、区画が広くて墓石のランクも高い場合で約250万から300万円ほどです。

まずは相場を知って、比較検討してみましょう。

この内訳には様々なものが含まれています。

まず必要なのは墓石の材料と加工費です。

墓石は展示品をそのまま購入することも出来るのですが、区画との大きさが合わないとバランスが悪いために基本的には全てオーダーメイドになります。

石材から選んでデザインも決めるので、何を選ぶかで料金が変わります。

更に設置費用が必要です。

墓石の設置は石材店で行いますが、どこに注文するかで費用は変わってきます。

区画の広さや設置する石材の量、その土地の形状と特殊な工事が必要かどうかを考えましょう。

設置は工事ですので、特別な処置が必要な場合には工事費はアップしていきます。
そして永代使用料開眼供養のお布施維持管理費必要です。

永代使用料の相場は約60万円から100万円前後開眼供養の相場約3万円前後維持管理費公営墓地なら年間で数千円から1万円ほど、民営墓地なら5千円から1万5千円ほど、寺院墓地では約1万円ほどです。

運営されている団体によって維持管理費や変わってきますので、少しでも安く抑えたいならどこにお墓を設置するかもしっかりと考えることが大切です。

用をできるだけ安く抑えるためにすべきこと

必要なことを最低限の費用でしっかりやろうと思うと、引越しや住宅を買う、生命保険に入るなどの時と同じことをすれば良いのです。

つまり、複数の業者に見積もりを取ることが大切です。

石材店は必ず複数の店で見積もりをとりましょう。

価格が安くても対応が悪く後悔する場合もありますし、一店しか見ずに即決してしまってあとで他の店でもっと気に入ったものが安く売られていたという場合もあります。

お墓選びを行うときに一番大切なのは、自分が納得いくまで比較検討することです。

自分と相性の良い店を選ぶことで不満や後悔は減らせます。

また、墓石のデザインも見直してみましょう。

複雑なデザインの墓石であればその工程も難しくなりますから、当然費用が高くなります。

手の込んだ彫刻はやめたり、メインの墓石とその周辺を囲む石材は別のものを使うなど、満足する形でお墓の費用を抑えることが出来ないか考えましょう。

そして焦らずに落ち着いて選ぶこと、自分一人ではいかず身内についてきてもらったり、即決はしないと決めておくなども大切です。

最初に予算を決めてから石材店に相談すると失敗も少ないですし、どうしても決められないときには契約をしないと決め手いくことでトラブルを防げます。

人間は悲しみの中にいる時は基本的には冷静ではありません。

店に行く前にお墓の比較検討サイトなどをみてある程度のことを勉強してから行くのも自衛に繋がりますのでおすすめです。

また、事前に墓地の状態を写真におさめて店に持参することで、明確な金額を出しやすくなります。

契約して設置工事を行う際に立地による追加費用が出ないようにするために、手間がかかっても土地の状態がわかるようにしておきましょう。

いいお墓 バナー