お墓の建てる時期や納骨堂で遺骨安置について

お墓の建てる時期や納骨堂での遺骨の安置について

お墓を建てるのは生前のほうがメリットがある

そもそもお墓はいつ建てたら良いかと言う疑問をお持ちの方も沢山いるのではないでしょうか?
終活を考えている人にとっては大きな悩みとも言えるでしょう。
結論から先に言いますと、自分の遺骨をお墓に埋葬してほしいと思っているのであれば、自分が生きている間にお墓を先に建てる方が良いでしょう。
実はお墓を建てるタイミングと言うのは決まっているわけではありません。
なので必ず亡くなってから遺族の方に建ててもらわなければならないというわけではないのです。
ただし、お墓と言うのは個人的な私有地に建てられないので、必ず霊園等の公的に許可を受けた敷地に建てる必要があり、霊園からお墓を建てる土地を間借りしているということになるため、永代使用料を払う必要が出てきます。
ただし、供養すべき人はいないので、自分が亡くなってお墓に入るまでは永代供養料については支払わなくて良いこととなります。
一旦お墓を建ててしまえば霊園の運営管理費等は毎月若しくは年払いでお金がかかってきますので、注意が必要です。
生前に自分が入る予定のお墓を建てるメリットは何点かあります。
一つ目としては自分の入りたいお墓のデザインを自分で決められることです。
この墓石にしたいとか、墓石のデザイン、土地の面積はこのようにしたいとか、色々自分で考えられることがメリットの一つでしょう。
人間、死後の世界はどのようなものかは生きている間ではわからない事です。
お墓が死後に重要な場所となるのであれば、自分が満足のいくお墓を建てておいた方が、納得がいくというものでしょう。
もう一つのメリットは、ご遺族の方と十分に話し合ったうえでお墓を建てられることです。
ご遺族が遠方に住んでいてお墓詣りに来るのもやっとの事であれば、お墓を建てる場所も相談しておくことができるわけです。

納骨堂に遺骨を安置する場合は檀家になる必要がある

お墓を建てないという人も実際多くいます。
お墓を建てるには永代使用料とお墓の建設費用がかかることとなり、墓所の立地条件にもよりますが、車一台分を新車で買う程度のお金が必要となってきます。
このため、資金のあまりかからない手としてはお寺の納骨堂に遺骨を安置してもらうという方法があります。
お寺の納骨堂を借りるにはまず、そのお寺の檀家になる必要があります。
檀家というのはそのお寺を金銭的に援助してあげる、宗教で言えばいわゆる信者のようなもので、納骨堂に遺骨を納めた場合にはお盆等のお参りの際にはそこの住職にお布施を支払い、供養してもらうこととなります。
基本的に檀家になれば、お葬式の時から供養をそこのお寺の住職にお願いすることとなりますので、生前にお願いしておくことで、ご遺族も自分のお葬式の際に直ぐに住職に連絡して葬儀に来てもらえる体制を執れるでしょう。
納骨堂は大抵、奥若しくは二段組の納骨堂であれば下部に遺骨を安置できるスペースがあるほか、位牌を置くスペースがあります。
位牌は亡くなった人の分をご遺族が用意するわけですが、この位牌に記載する戒名についてもそこの納骨堂を管理するお寺の住職にお願いすることとなります。
戒名を書いてもらうだけですが、その時のお布施としても30万円程度はかかりますので、きちんと用意していた方が良いでしょう。
また、お寺によって真言宗や浄土真宗などの宗派がありますので、自分の家族の宗派が決まっている場合は、その点もしっかり確認する必要があります。

納骨堂は永遠に遺骨を安置できないところもある

納骨堂はあくまで遺骨を「安置」するということになります。
納骨堂であっても檀家となり、永代使用料を支払うこととなりますが、墓石を建てない分、総じて墓石を買うより費用は安くなります。
普段からお寺の住職に納骨堂を管理してもらい、供養をしてもらうため、永代供養料をそのお寺に支払うこととなります。
しかし、納骨堂の場合は決して「永代」だからといって永遠に供養してもらえるかと言うとそうではありません。
お寺によって期間はまちまちですが、大抵は33回忌とか50回忌といったタイミングで合祀してしまうことがあります。
そうでないといつまでも納骨され続け、お寺の納骨堂が飽和状態となってしまうからです。
勿論、お寺によってはその寺が存続する限り供養するというところもありますので、きちんと確認しておくと良いでしょう。
納骨堂は遺骨を安置できるスペースが限られているため、一つの納骨場所につき、4つの遺骨まで安置可能等、制限があります。
仮に合祀前にお寺に安置しておいて5つ目の遺骨が発生してしまうと、納骨堂を二つ借りる等の対応が必要となります。
その点、お墓はそういった上限がないため、長期的に見れば、やはり最終的にお墓が必要となってくるのではないでしょうか。
また、仮に納骨堂で50回忌後に見ず知らずの人の遺骨と混ざり、合祀されるのは嫌だと思うご遺族がいるのであれば、やはりお墓を最終的に建てる必要が出てくるでしょう。
ご遺族がお墓の管理をしっかりできるのであれば、そのお墓に眠る遺骨はまさに永代に渡り、一族だけの遺骨が眠ることとなるわけです。

いいお墓 バナー