樹木葬はメリットも大きいですが、事前に比較検討しましょう。

樹木葬はメリットも大きいですが、事前に比較検討しましょう。

最近テレビなどのメディアで「樹木葬」という言葉を耳にする機会はありませんでしょうか。

樹木葬は従来のようなお墓の代わりに、樹木がお墓の墓標の代わりとしてお墓になります。

墓地の中央にシンボルとなる樹木を植えて敷地全体を樹木葬の墓地としたり、遺骨を埋葬するたびに新しい苗木を1本植えるパターンなど様々な方法があります。

費用も一般的なお墓と比較して遺骨を埋葬するだけのスペースで済むために安価に抑える事が可能です。
また、一般的なお墓の場合は代々継承されてゆくものですが、樹木葬は墓地を継承する必要が無いため、霊園・墓地側が管理を行ってくれるパターンが多いです。

一般の永代供養などと同じようなものになりますので、後継ぎがいない場合や、子供や孫への負担を減らしたいという事で樹木葬を希望するケースが年々増えてきています。

墓所購入後の維持費もかからないので、メリットは非常に大きいです。
さらに、宗教・宗派を問わないため、選択肢としての受け口が広いです。

樹木葬も生前から契約を行う事が可能ですが、

  • 樹木葬にはお骨を土に還すケースと
  • 納骨室にお骨を納めて合葬式墓地に移すケース

があるので、「樹木葬=土に還る」というイメージだけで契約してしまうと、思っていた方法と異なった・・・というパターンもありますので、事前にどちらの方法が希望であるかをよく考えて、その上で比較検討する事をおすすめします。

樹木葬はまだ始まったばかりの業態になりますので、今後予想していなかったトラブルが発生する可能性も0ではありません。

木の根が思わぬ方向に伸びてしまう事もあり、定期的な手入れが必要ですが、管理者が破綻してしまい放置されてしまう可能性があります。

また、流行に乗って極端に格安に提供している墓地は実は無許可の土地だった・・・という事も考えられます。

樹木葬しか行っていないような墓地はそれ以外の収益が低く、将来的に運営が危ぶまれてしまう可能性があります。

事前に将来の運営は大丈夫であるかも踏まえて複数比較検討を行って決める事をおすすめします。