お墓について?お墓選び情報は終活にも役立つ不可欠なもの!

お墓や墓地・霊園に関するお墓についての記事
終活が話題になり自分でお墓を決めておきたい。
子供たちに迷惑をかけたくない。
先祖のお墓の面倒を遠くて見ることができない。
旦那と一緒のお墓には入りたくない等など
人生で家の次に高い買い物と言われたお墓についてお墓にまつわる悩みは様々です。
そんなお墓ですが、「埋葬」という観点にとらわれないタイプも沢山増えてきました。

まずは基本的なお墓や納骨などに関する基本的なお墓についてを抑えながら、
さらに新しい選択肢も含めて今回はお墓にまつわるあれこれをご紹介いたします。

【墓地・霊園・納骨堂・自然葬の違い】
終活をする際に考えるのが葬儀の後の「最後のお家」です。
一般的には墓地・霊園が選択されると思いますが、最近は墓守をする継承者がいないことや遠いところまでお墓参りに行けない等
お墓に関する考え方も変化をしているため色々な選択肢があります。
そんな選択肢の中から主に選ばれている方法についてメリット・デメリットを含めてご紹介いたします。

1)墓地 約15万円~500万円/人
墓地とは「寺院の境内地(敷地内)にあるもの」を言います。
お墓にかかるお金は主に3つ「永代使用料(えいたいしようりょう)」「墓石代」「管理料」になります。

永代使用料という表現ですが、末代にわたって永遠に使用できるという意味を持っています。
永代使用料を払い申請許可証がなければ納骨が出来ません。
ただし、お墓というのは土地を「買う」ことはできません。その土地はあくまで寺院や法人、公的なもの。
そこにお墓を建てる権利を「借りている」ということになります。
「所有」ではない為、取得税・相続税・固定資産税の対象外となります。
お墓は兄弟で出資した場合「墓石」に連名で銘記することは可能ですが、「継承者」は1名しか記載できません。
自然災害等で破損した場合も修繕費は継承者が負担しますし、墓守も継承者の務めです。
その代りにそこに入る権利を持っているのです。

(メリット)
・檀家になることで手厚い供養を受けられる他に、法要などの疑問も答えてもらったり僧侶に相談することができます。
・交通の便が良いです。
※一般的に檀家になる寺院は家の近くです。

(デメリット)
・その寺院と檀家にならなければならないことが多いです。
檀家になるということは、お布施などの他にお寺の行事や活動参加などが必要になる場合があります。
・墓石の形状や大きさ、デザインは決められていることが多いです。

2)霊園 約15万円~500万円/人
霊園とは「寺院以外の場所にある墓地」を言います。
公営と民営とがあり、それぞれにメリットデメリットがあります。

(メリット)
・霊園では宗教や国籍を問わないところがほとんどです。
・公営霊園では永代使用料や管理費が安い場合が多いです。
・民営霊園では遠方になる場合が多いため、最寄りの交通機関まで送迎サービスがついていたり駐車場や休憩スペースなどが
充実しています。
・民営霊園では区画面積や墓石の形、デザインなどを自由に選ぶことができます。

(デメリット)
・広大な敷地が必要なので場所が遠い場合が多いです。
・公営霊園は抽選になる場合が多いです。

3)納骨堂 約40~50万円/人(別途年間維持費が数千円かかります)
継承者がいない親戚の遺骨を預かったり、遠方のお墓へお参りが出来ない時に墓じまいをして納骨堂に切り替えるという方も増えています。
納骨堂はお墓という概念ではなく、「骨壺を納める場所」というほうが分かりやすいと思います。
古くは昭和初期から納骨堂はありました。
その時代はお墓へ納骨するまでの保管場所といった意味合いで使われていましたが、現代はお墓の代わりとしての選択肢になっています。
お墓を建てないことに罪悪感をお感じになる方もいらっしゃるようですが、広大な敷地を必要としないので近所で屋内なので頻繁にお参りできます。
また、墓石代等がかからないことで安価で済むことや、持ち家がなく転居が多い方にもおすすめです。

主にロッカータイプ・仏壇タイプ・自動搬送式があります。
ロッカータイプはまさにコインロッカーのような場所を借りてそこに遺骨を預かってもらうタイプです。
仏壇タイプはコインロッカーの「大」もしくはドレッサーくらいの高さがあり、上段が仏壇で下段がロッカータイプになっています。
自動搬送式は専用カードをタッチすると、納骨されているお厨子が収蔵庫から自動で搬送されてくるタイプを言います。

ロッカータイプは合同祭祀ができる仏壇スペースがあり、そこで手を合わせるのが一般的です。
仏壇タイプは納骨スペースの上に仏壇がついているので、遺骨と一緒に仏壇に手を合わせることができます。
自動搬送式は、納骨堂の中に仏壇やお墓を模したスペースがあり、そこにカードをかざすことで「○○家」といった名前がデジタルで
表示をされたり、仏壇に手を合わせることできます。

(メリット)
・基本的に屋内です。
天候に左右されずにお参りができます。
・墓地、霊園と比較すると墓石や諸々の購入がないため、価格が安いです。
・広い敷地を必要としないので、駅からアクセスがよいなど交通の便が圧倒的に良いです。
・価格が安いので転居に伴って家の近くに移したいという時に都合が良いです。

(デメリット)
・場合によってはメリットにもなりますが、一定の期間が経過したのち合祀される場合が多いです。
・一定期間ののちに合祀される場合が多いので、個人を特定して遡ることが出来ません。

4)自然葬
墓地・霊園・納骨堂に代わって、「自然葬」という選択肢も現代では需要が増加する傾向があります。
宗派にとらわれず、大好きな場所で自然とともに大地に還ることができる方法で、個人のライフスタイルなどを自由に表現できる
現代ならではの選択肢ともいえるでしょう。
今回はその中から特に需要の高い「樹木葬」「海洋散骨」「山への散骨」をご紹介いたします。

日本では適当な場所に埋葬や散骨することはできず、申請をして許可を受けた場所でのみできます。
★樹木葬★ 約20~50万円/人
石でできた小さな碑を置くタイプと記念樹を置くタイプがメインになります。
庭苑と呼ばれる納骨ができる区画に骨壺から遺骨を取り出して布に包み、土に埋葬します。
お参りの時に場所が分かるように、区画に碑を置くタイプと記念樹を植えるタイプがあります。

(メリット)
・個人の尊厳を叶えられます(生前希望されている場合)
・納骨堂とは違い碑や記念樹が墓石の代わりをするので、埋葬しているという感覚があります。
・交通の便が良い場所が多いです。
・継承者がいない方も埋葬できます。
・墓守の必要がないです。

(デメリット)
・ご両親がこの方法を選択された場合、同じ場所にお子様以降の子孫が同じ場所に眠ることは難しいです。
・自然に還ってしまいますので、いつまでも残る遺骨のように故人を感じられるものがありません。

★海洋散骨★ 約5千円~25万円/人
広い公海上は法的には散骨が禁止されている区域はありません。
ただし、散骨するには「粉骨」という作業が必要で、2mm以下に骨を砕く必要があります。
骨粗しょう症などのイメージから骨は持てば崩れると思われれている方もいるかもしれませんが、軽く押すだけで粉々になる部分も
あれば、金槌でも砕けない硬い部分もあります。
散骨には上記のような法的制限があるため、散骨クルーズなどを実施している業者には大抵「粉骨サービス」が付属しています。
ちなみに、粉骨をする道具をレンタルで借りてご自身の手で粉骨するという方法もあります。

さて、海域上には散骨は禁止されていないことは先に触れましたが、岸に近い場所や人目に多く触れるところは望ましくありません。
骨は水より重いので沈みながら拡散し、やがて分解されて海に還ります。
沖合まで出て波打ち際に寄せられたりすることなく、静かに海で休んで頂くには専門業者に依頼するのが望ましいでしょう。

(メリット)
・個人の尊厳を叶えられます(生前希望されている場合)
・お参りも墓守も必要がありません。
・散骨が終われば維持するものがありませんので、費用が安価です。
・散骨証明書が発行されるので、子孫も同じ場所に還ることができます。

(デメリット)
・故人が生前望んでいてもご遺族が納得できない場合があります。
・故人を最後まで弔ったという証拠が残りにくいですし、故人を偲ぶものがなくなります。
※メモリアル品と言って故人の遺品や遺骨そのものの一部をペンダントに保管をしたり、散骨する遺骨を一部にするという方法もあります。

★山への散骨★ 無料~30万円程度
山は海とは違って少し煩雑になります。
それは土地が必ず誰かのものであるということに起因します。
国有地(国有林)・法人・個人のいずれかの持ち物なので、自身の所有する土地で散骨するのは自由ですが、それ以外は申請が必須です。
国有地については申請をしても許可が下りることはありません。それは国有地が誰のものでもないという意味から来ています。
ですが、実際に著名な方で散骨をされたケースがあり、違法ではないということが証明されています。

法人や個人の土地で自身の所有する土地ではない場合は、犯罪になります。
また、許可を得られてもその土地が誰も入らないとは限らない為、踏まれたりする恐れを考えれば故人の尊厳を損なう恐れもあります。
散骨に際しては海洋散骨と同様粉骨をする必要があります。
山への散骨も専用業者がいますので、お願いするのが良いでしょう。

(メリット)
・山を愛していた方、特定の土地に愛情がある方の尊厳を守ることができる(生前希望されている場合)
・お参りも墓守も必要がありません。
・散骨が終われば維持するものがありませんので、費用が安価です。

(デメリット)
・故人が生前望んでいてもご遺族が納得できない場合があります。
・故人を最後まで弔ったという証拠が残りにくいですし、故人を偲ぶものがなくなります。
※メモリアル品と言って故人の遺品や遺骨そのものの一部をペンダントに保管をしたり、散骨する遺骨を一部にするという方法もあります。
※遺骨ペンダントは分骨申請が必要ないのもメリットの1つです。
・海洋散骨と比べて堂々と散骨を出来る場所を探すのが大変です。

【知っておきたいお墓にまつわる用語集】
お墓にまつわる専門用語は仏教からくるものが多いので耳慣れないものや、似た表現で違いが分からないものも多いです。
そんなお墓にまつわる用語で押さえておきたいものをピックアップしてご説明いたします。

○墓地と墓所の違い
墓地はお墓のある寺院や霊園の敷地全体を指し、墓所はお墓をの墓地や霊園の中の特定の区域を指します。

○菩提寺と檀那寺の違い
両者は似通った意味がありますが、厳密に言えば違いがあります。
菩提寺とは、先祖代々お世話になっているお墓のある寺院になります。
檀家であるかどうかは別として「死後」お世話になる寺院でもあります。

檀那寺は檀家であるお寺のことです。
檀那制度とは江戸時代の制度でキリスト教の布教を止めるために幕府が作った制度です。
住んでいる地域を管轄する寺院に帰依をさせて、亡くなってからもお世話になる寺院ではありますが、檀家からのお布施で成り立っている
という特質があります。
現代では信教の自由が保障されているため、少し意味合いが変わってきていますが、例えばお祭りなどが開かれたり説教を聞きに行くなど
「生きている時」から深い関わりがあるのが檀那寺です。

ただし、墓地の記事でも触れた通り、檀那寺がない方でも菩提寺に埋葬する際に檀家になることを求められることが多いです。
従って、生きている時と死後で檀那寺と菩提寺を区別することはできません。

○永代使用料と永代供養料の違い
永代使用料は墓地の記事で触れた通り「借りて使用するためのお金」です。
これに対して納骨堂などはお墓がないため、土地が必要ありませんので永遠に供養をしてもらうための費用として「永代供養料」を支払います。

○戒名
死後僧侶につけてもらう名前。宗派によって違いはありますが、墓地の属する院・宗派独自の文字・戒名・位が書かれています。

○卒塔婆(そとば)
卒塔婆とは、元来釈迦のお墓を表す言葉で「スットゥーパ」を意味します。
卒塔婆をイメージした形に造形された木の板で、墓地ではよく見かけるでしょう。
現代では卒塔婆には経文や梵字が書かれて、故人を供養するために使用をします。
宗派によっては卒塔婆を使用しない宗派もありますので、事前に確認が必要です。

○墓じまい
継承者が不在になったり、家から近くに移す場合に今までのお墓を処分することを言います。

○墓友
既婚者や独身などで一人で好きなところに眠りたいという場合に、生前に終活をして先祖代々ではなく見知らぬ方と説明会等で知り合った友達。

【お墓にまつわる色んなお金】
○墓石価格の相場 約15~500万円(平均100万円)
墓地の記事でも触れましたが、使う石の素材と大きさ・デザインによってピンキリです。
また、継承者が不測の事態(天災等)であっても損壊などには補修費用を負担しなければならない為、家と同様基礎工事などをしっかりと
行うと高額になります。

○戒名相場
約30~100万円
※正確には「戒名料」は存在しません。お布施という気持ちを支払うので上は限りがありません。
宗派によって戒名のルールも違います。高いお布施(戒名料)を支払ったからといって位の高い戒名をつけてもらえるわけではありません。
檀那寺でも触れましたが、その料金はお寺の金銭事情と深くかかわっている闇の部分です。

○永代使用料
約20~200万円(平均60万円)
永代使用料に幅があるのは、その寺院・霊園の立地に関わる部分が大きいです。
都心やアクセスのよい場所は当然高くなりますが、これを払って許可証を得ないと納骨できませんので、事前に調べることが重要です。

○卒塔婆料
約2000~1万円
卒塔婆料はお布施とは別に「御塔婆料」と書き、施主は法要に間に合うように寺院に事前に知らせておく必要があります。
卒塔婆料は決まっている場合がほとんどなので、施主以外でも建てることができるため希望者がいたらお金を取りまとめて渡します。

【まとめ】
いかがでしたでしょうか。
お墓にまつわる悩みはそれぞれですし、難しい用語も出てきて戸惑うことも多いと思います。
この記事が少しでもお墓選び、ひいてはご自身の人生の終い方を考えるきっかけになれば幸いです。

いいお墓 バナー