お墓を建てる費用

お墓を建てる場合にかかる費用について

お墓の墓石工事費は基礎部分や人件費もかかり、価格帯は幅広い

一口にお墓と言っても、最近では様々なデザインのものがあります。
石の種類や面積によって値段も変わってくるでしょう。
相場としては最低でも50万円から100万円、高いものとなってくると200万円を超えるものもあります。
墓地の土地面積によって、石材を使用する範囲も変わってきますから、石材を多く使えば使うほど、墓石自体の値段も大きく変わってくるわけです。
土地が広すぎるのに対して、墓石が小さすぎても見栄えは良くありません。
ある程度バランスの良い墓石の大きさにすべきと言えるでしょう。
墓石の石材を使用している箇所は目に見ている墓石の部分だけではありません。
土中の基礎部分をしっかりと補強し、その上に墓石が建っており、墓石の購入費用の中には、この基礎部分を作る費用も含まれています。
このため、お墓の目に見える部分だけを見て、「小さな墓石なのに何故こんなに高いの?」と考えてしまうこともあるかもしれません。
また、お墓を建てる予定の土地が資材の搬入しにくいような細い道の奥にあったり、山の斜面にあったりすると、その分の人件費資材運搬のための車の使用料等も加算されてしまい、更に墓石工事費に費用が掛かることになるでしょう。
最近ではお墓もデザインが多様化し、モダンな雰囲気を漂うお洒落な墓石も販売されるようになりました。
昔ながらのお墓だけでなく、色々な形をした墓石が売られていることから、価格帯もかなり開きがあるのはこのためです。

お墓の土地使用料と管理費について

お墓を建てる前段階の話になりますが、そもそもお墓を建てるにはまず、場所の確保が必要となります。
墓石を建てるにはまず墓所を入手しなければなりません。
墓所は大抵、お寺等の宗教法人が運営している場合や、市区町村等の公営で運営しています。
民営墓地とか市営墓地とかいうことを聞いたことはないでしょうか?
いずれもお墓は霊園等、一か所に集められており、墓石を建てたい人はまず、そこの土地の使用権を得て、その土地に墓石を建てることとなります。
末代まで霊園の土地を使わせてもらう権利を購入するのに必要な料金のことを「永代使用料」と言います。
お墓と言うのはそもそも土地を購入しているものではなく、墓地の運営者から「土地を間借りしている」という形を執っています。
このため、自分の先祖の墓石が建っているスペースはあくまで土地をレンタルさせてもらっているということです。
この永代使用料は霊園の立地条件で大きく左右しますし、同じ霊園内でも場所によっては値段が異なります。
住宅を購入する際、土地的評価で価格に変動があるのと同じように、墓所がある場所が例えば東京都内のような利便性のある立地であれば値段も高く、田舎のような不便な場所にある墓所であればそれだけ安くなります。
また、このほかに霊園の運営者側に支払う管理費」があります。
霊園の管理者は墓所全体を維持管理するために、霊園内にお墓を建てた人に対して管理費を定期的に徴収しています。
霊園毎に利用規約を定め、それに基づいて定期的に徴収しており、霊園によってはまとめて管理料を支払うことによって長期間管理費支払いを免じてくれたり、永代まで管理をしてくれるようになる等、様々な形を執っています。

お墓を建てるならどうしても土地使用料等の費用がかかる

そもそも、お墓を自分の土地に建てたい!
そう思う方も居るかもしれません。
確かに、そうすることによって使用料を支払う義務もなければ、管理費も支払う義務もなく、少しでもお墓を建てる費用を抑えることができるはずです。
しかし、現在の日本の法律では「墓地埋葬法」により、定められた墓地以外に埋葬してはならないと定められており、この墓地というのは、知事から許可を得た先述の公営墓地や宗教法人等が運営する墓地だけになります。
このため殆どの方は墓地にお墓を建て、そこに埋葬しているわけです。
もちろん、自宅に墓石を建ててはならないという事ではありません。
法律上定められているのは、あくまで「埋葬すること」が墓地以外禁止されているということであるため、例えば納骨堂遺骨安置している場合に、自宅の土地に墓石を建てても何ら問題となることはありません。
しかしながら、そのようなことを実際に行ったとしても、本当に故人を供養しているかどうかと言われれば、甚だ疑問が残るところであり、結局のところ供養の心があるのであれば、このような場合は納骨堂にお参りに行けば要が足りるわけです。
お墓が高い代物だからこそ、費用を抑えたいという気持ちもあるところですが、墓地においてきちんとお墓を建て、そこに埋葬して供養する方が良いと言えるでしょう。
お墓の購入はお金がどうしてもかかってしまうことですが、かかる費用の中でも、永代使用料管理料はどんなにケチろうともかかってきてしまうお金であることを理解しておいてください。