お墓選び様々な形がある

様々な形のあるお墓選び

昔ながらのお墓選びとは?

昔ながらのお墓選びと言えば、先祖代々のお墓に入るといった方法になります。もちろん、分家にあたる場合は、先祖代々のお墓がない為、新たにお墓を購入しなければいけません。
では、実際にお墓を購入する場合、どれ程の費用が必要になってくるのでしょうか。平均的な費用としては、160万円ほどと言われており、高額なお墓になれば500万円ほども必要になると言われています。
この中には、永代使用料・墓石代・管理料が含まれ、それぞれ支払いが必要になります。まず、永代使用料とは、霊園・寺院の墓地の場所代としてかかる費用を指します。なかには、お墓を建てる土地は、購入するものだと思われている人もいるようですが、それは、大きな間違いでお墓の土地は、そこを管理している霊園や寺院から借りるといった考えが正しく、また、その為、勝手に転売や譲渡する事はできないものとなっています。
また、支払いは基本的に一括払いとなります。人が暮らすマンションのように月払いと言うわけではありません。その為、購入していると勘違いする人が多くなっているのかも知れません。
次に墓石ですが、墓石の場合は、石の種類、デザインなどによって費用が大きく異なります。その為、予算に応じた墓石を購入する必要があります。
そして最後が管理費です。この管理費の場合は、1年払いが多く、毎年、決められた金額を遺族が支払い続ける事になります。万が一、滞納が続いてしまう場合は、お墓を撤去される可能性もある為、注意が必要です。

最近のお墓選びとは?

一般的なお墓に埋葬されるのとは違い、最近では、様々な形で遺骨を埋葬する事が人気になっています。
樹木葬や海や山への散骨。なかには、宇宙に埋葬する方法を選択する事も可能になっています。
樹木葬とは、大地に帰る事ができると言う点で人気となっており、樹木の下に自分の遺骨を納めるものとなっています。1本の樹木に1人の遺骨を納めるものから、数人の遺骨を納めるものまで幅広くあり、予算や自分の希望に合わせて埋葬する事が可能になっています。
次に海や山への散骨ですが、この場合、遺族のみで勝手に行う事は出来ません。一見、自分たちで行えば良いと思われるかも知れませんが、それはマナー違反になる場合が考えられます。もちろん、マナーを守り、散骨することができるのであれば可能ですが、素人では判断が難しい場合もあります。その為、専門家に依頼する方がベストとなります。費用は、散骨の方法によって異なりるため、予算に応じた散骨プランを選択する事も可能です。
そして、最後が宇宙葬と呼ばれる方法です。宇宙葬とは、遺骨を宇宙に運ぶもので、最近、非常に人気になっています。方法は、専用のロケットに入れ、遺骨を宇宙に運ぶものから、風船に取付け運ぶ方法まであり、これらの方法で遺骨を宇宙に埋葬する事が可能になっています。この場合、費用が気になる所ですが、他の散骨方法と同じく、さほど、高額になる心配もない為、誰でも気軽に選択する事が可能になっています。

それぞれのメリット・デメリット

では、昔ながらのお墓に埋葬する場合と様々な散骨方法のメリット・デメリットは、どのようなものになっているのでしょうか。
まず、お墓に埋葬する場合のメリットは、いつでも、そこに行けば故人の遺骨に会う事ができ、大切な人の事を感じる事が可能になります。また、先祖代々のお墓と言う事で、そこは、家族の新しい住み家といった考えもでき、お盆やお彼岸など家族全員でお墓参りを行うといった伝統的な行事を子供たちに伝えていく事も可能になります。
一方、デメリットとしては、お墓の場合、誰かが管理する必要がある事から子供がない夫婦や子供に面倒をかけたくないと思う夫婦にとっては、お墓の管理を申し訳なく思う人も少なくありません。お墓の場合、管理費の支払いに始まり、お墓の掃除なども必要です。そう言った手間がどうしても必要になってしまう点がデメリットとなります。
散骨におけるメリット・デメリットにおいては、まず、メリットは、遺族に管理をお願いする必要はありません。散骨の場合は、散骨してしまえば、あとは何の手間も不要となります。また、樹木葬においても、基本的に管理を要求される事もありません。その為、遺族に頼ることなく自分の遺骨を管理する事ができると言えるのです。
ただ、デメリットとしては、散骨された遺骨を回収する事は難しく、二度と、遺骨が遺族に手に戻される事はありません。その為、遺族によっては、寂しく感じる人もいるようです。
このようなメリット・デメリットを踏まえ、どのように遺骨を管理していくのか検討する事が大切です。