永代供養ならお墓を建てることが難しい時に最適かも?

お墓を建てることが難しい場合は永代供養という方法もある

永代供養を選択するメリット

新たにお墓を建てる場合は、必要な費用がかかります。
永代使用料としての敷地代、毎年支払う管理料、墓石代などです。
墓地の立地場所や占有区画の広さ、墓石の大きさなどによって費用に違いもありますが、かなりの金額が必要になる場合も多いです。
葬儀で多くの費用を使い、お墓を建てる余力がないという人もいるでしょう。
また、お墓を建ててもその後に跡継ぎがおらず、お参りを引き継ぐ人がいなくなる場合もあります。
遺族が高齢であれば、体力的にお墓参りをすることが難しい状況も考えられます。
そのような場合に、自分でお墓を建てずに、永代供養として寺院や霊園などに供養を依頼することもできます。
永代供養の場合は、 寺院や霊園が遺族の代わりに供養を行ってくれます。
遺族は定期的なお墓参りの必要性もなくなります。
永代供養では、自分でお墓を建てるのとは違って、墓石代や管理費がかかりません。
永代供養の申し込み時に支払う料金だけで済み、その後の費用負担を考える必要はありません。
そのためお墓を建てるよりも費用が安くて済み、管理の手間もないため、便利な供養方法になっています。
遺族に負担をかけたくないということから、故人が生前に永代供養の予約をすることもあります。
永代供養は、宗派を問わない場合が多く、その点でも利用しやすいです。
実際に永代供養を利用する場合は、どんな場所に納骨されるのか事前に目で見て確認しておきましょう。
納得の上で申し込みをすることが大切です。

永代供養の様々な方式について

永代供養にも様々な方式があります。
方式によって費用や埋葬方法に違いがあるため、どのような形式を選ぶかを最初に選択します。
遺骨を個別に保管するケースもあれば、合祀という形をとる場合もあります。
但し、最初に遺骨を個別に保管していても、一定期間が過ぎれば合祀になります。
合祀墓の場合は、骨壷から遺骨が取り出され、他の遺骨と共に埋葬されます。
また、集合墓と呼ばれる形式もあり、石碑を建立し、区画ごとに複数の骨壷を埋葬します。
あるいは、納骨堂と呼ばれる施設に、遺骨の入った骨壷を収蔵する形式もあります。
通常のお墓と同じように、一定の区画に個人あるいは夫婦専用の墓石を作って埋葬する場合もあります。
それぞれによって永代供養料に違いがあるため、希望する供養方式に従った料金を最初に支払うことになります。
一般的に、合祀墓の場合は費用が安く設定されていることが多いです。
それに比較すれば、集合墓は少し高めになります。
個人墓や夫婦墓になれば、通常の墓を建てる場合と費用はそれほど変わらず、他の永代供養の方式に比べて多くの費用がかかります。
合祀になれば、遺骨を取り出すことはできません。
また、永代供養といっても永遠に行われるわけではなく、一定期間の区切りを設けている場合がほとんどです。
それぞれの寺院において採用している方式や設定している費用に違いがあります。
永代供養をする場合は、それぞれの方式をよく理解し、予算を考慮しながら適切なものを選択していくといいでしょう。

永代供養を行う際に注意すべき点

永代供養を行う場合には、配慮すべきいくつかのポイントがあります。
遺族が複数いる場合は、永代供養に関する了解を得ておく必要があります。
理解を得ずに一方的に行ってしまうと、後で行き違いなどのトラブルが起こる可能性があるからです。
また、永代供養を行う先の寺院や霊園については、費用ももちろんそうですが、場所についても配慮しておく必要があります。
めったに行かないのであれば遠くの場所で永代供養をしてもそれほど問題はないかもしれませんが、機会があればお墓参りをしたい場合は、近くにある寺院や霊園の方が便利です。
よく訪れる場合は、交通アクセスや立地条件のいい場所を選びましょう。
実際に遺骨が納められている場所も意識しておく必要があります。
大きな寺院になれば、遺骨が埋葬されている場所までかなり歩くこともあるため、距離の確認も必要です。
実際に永代供養をすれば、当初はそのつもりはなくても、寺院や霊園を訪れたい気持ちが高まることがあります。
そのことも考慮した上で、永代供養の寺院や霊園を選択するといいでしょう。
また、永代供養の方法はそれぞれで異なるため、内容をよく確認しておくことが必要です。
自分が考えていたことと実際の供養方法が違っている場合も起こり得るため、そうならないように事前確認は大切です。
細かいサービスの違いもあります。
例えば、寺院の場合は、毎年の法要の日時をハガキで連絡してくれるところもあります。
しかし、申し込んだ永代供養の方式によって、連絡する年数に違いを設けている場合もあります。