遠方のお墓の移転や改葬を行う!

お墓が遠方に有ってお墓の移転や改葬を行う場合 」など

近年のお墓や墓地、其れに遺骨の概念、

最近はお墓やお寺の事情も変わってきて、お寺を持たない霊園とかお墓を持たないので「納骨堂」や「散骨」とかいう方法も実施されているようです。

此れは宗教観を全く排除した考え方と社会的な風潮がそうさせているのかもしれません。

お寺や寺院というのは檀家寺といって仏教という宗教にもとずいて修行された僧侶やお坊さんが死者に対して死後の極楽の世界へ導いてくれる伝道者でもあったのですが、最近の若者や都会人は宗教観が無いために檀家寺を持つ必要もなくなったとも言われているようです。

従って、墓地やお墓をお寺に預ける事もなく、霊園といって無宗教の施設に預けるか、全く墓地やお墓を持たないで遺骨というのは生れた自然へ返すという風潮も有るようです。

又、其処までしなくとも納骨という方法で、簡単に言いますと室内にある簡易的なお墓のことで、例えば、納骨堂という室内タイプのものでロッカータイプのものから、仏壇式というような墓石を室内に置くタイプなど様々なものがあるようです。

これらのお墓の問題というのは日本国内では人口の減少問題も孕んでいて、田舎の人が過疎化に悩んだり、田舎を離れて都会に出たりしてお墓を維持できなったという事例と相互の関係も有るようです。

この問題は「永代供養」の増加ということも含んでいるようです。

つまり永代供養というのはお墓をお参りしたり、管理したり、更には後を継いでくれる人がいなかったりと、何らかの事情でお墓の維持管理を続けていくことが困難な人に代わって、霊園やお寺が供養を行ってくれるというシステムです。

お墓を移すときの一般的な供養と方法

人が亡くなったときは終活の最後として其の姿は遺骨になります。

遺骨になるまでの経過としては一般的には、死者への最後の儀式(法事などは除いて)として通夜や本葬儀、告別式が終わり次第、火葬場に回されて遺骨にされます。

ここで自宅近くに檀家寺やお墓をお持ちの方はそのままお墓に埋葬・納骨という事になります。

しかし、お墓を持たない人や檀家寺やお墓が遠方に有って普段から疎遠になっている人たちは、葬式の後の時点では遺骨は未だ自宅に有るので当然ながら埋葬や納骨はされていないのが普通です。

そしてその後に、併せて田舎にある菩提寺において、正式に故人の戒名を付けたり、田舎の本来の墓地に埋葬、納骨するのが普通でした。

ところが、昨今は田舎の過疎化にともなって、人々は生活のしやすい都会方面へと移動している傾向がありますが、こんな時になかなか先祖伝来のお墓のこと迄はどうしても後回しか、次第に忘れ去ってしまう事もあるようです。

然しながら心ある人は先祖を祀っているお墓は大事である事を十分認識していて、何時の日にかお墓の移動のことを考えます。

このように墓地やお墓を他の場所、位置に移すことを「改葬」ともいいますが、ところが、このお墓の移転改葬というのは勝手にするわけにはいかないのです。

即ち、今現在、田舎に埋葬されている墓地の遺骨などはを、他の場所に移動させるにはそれなりの手続きも必要になり、特に地元のお寺の許可や役所の手続きが必要になるということです。

そればかりではなく、田舎であるお寺の墓地を石屋に頼んで掘り起こしたり、遺骨を掘り出す時にはお寺の僧侶による正規の法事を行い、所謂、「魂抜き」を行わなければならないのが普通だとされているのです。 この時、昔の事で古くなってどうしても遺骨が見つからない時には、其処の土(遺土)を移すことになるようです。

お墓の移転や改装の手順について

それでは、墓地やお墓の移転改葬はどういった手順で行うのでしょうか。

先ずは、移転の前に現在の住居の近辺に寺院なり霊園なりの場所を特定して新しい墓地、お墓を求める必要があります。

其の後に、従来の田舎の役所への許可申請を出す事になりますが、その際に必要なのが新しい墓地の受入証明書などが同時に必要にってくるのです。

その際に、旧来の墓石や石碑などをそのまま使用する時には、移転先が受け入れ可能かどうかも同時に調べておく必要もあります。

さらに移転のための埋葬証明書を発行してもらうために、移転元の管理者の了承が必要になります。

元の場所が寺院である場合は、勿論、普段からの付き合いの頻度や其の土地の慣習により異なるでしょうが、此れまでの感謝の気持ちも込めて常識的なお布施を収める必要もあるでしょう。

役所への改葬許可申請の手順としては、移転元の市町村の役所において改葬許可申請書を入手して必要事項や項目に記入をし捺印をします。

次の段取りとして移転先のから発行してもらった受入証明書を添付して改葬許可申請書を同時に移転先の管理者(霊園や寺院)に提出することになり、此れで事務的な手続きが完了します。

もちろん移葬や改葬は事務手続きのみを済ませばいいというものではありません。

前記しましたが以前のお寺での遺骨を取り出す際には「魂抜き」という法事を僧侶にお願いすることになり、遺骨が不明の場合は埋葬されていた場所の土をもって遺骨に代えます。

また新たに求めた先の霊園やお寺においても、受け入れのための開眼及び納骨供養等もを行う必要があり、つまり、新しい場所で安らかに眠ってもらうために、所謂、「魂入れ」の儀式をするのが一般的になります。

このようにお墓を別の場所に移す、所謂、改葬というのはそう単純なものではなく、事務的手続きや宗教上の故人の魂の儀式など普通の生活ではナカナカ判らない事が沢山あります。

改葬によって新たに故人との繋がりやお参りの回数が増えたことによって、現世の人々の心の安らぎを得ることもできまるのです。