家族葬は子供に負担をかけない葬儀

子供に負担をかけない葬儀

最近増えている家族葬について

先祖代々のお墓を持っている人も多いのではないでしょうか。しかし、最近では子供に負担をかけたくない、あるいは子供がいない、などという夫婦も増えつつあります。あるいはそもそも配偶者がいない、子供に先立たれてしまった、などという理由で自分が死んだ後にどうなるのか不安、夫側のお墓には入りたくない、などと悩みを持つ人もいます。それよりもお墓を作ること自体に意味を感じない、その分のお金を別のことで使いたい、後と考える人も増えているのです。
お葬式やお墓が入らないという場合、永代供養というシステムを利用することによって面倒を見てもらうことが可能です。他の方と共同のお墓に納骨してもらったり、一定期間は個別に供養してもらい、その後他の方と同じお墓に入れてもらうということがあります。
また、最近ではお葬式を上げないというケースも増えつつあります。家族葬が増えていますし、中には密葬という形で葬儀を飛ばす人も少なくはありません。家族葬の場合は一体誰に声をかけたら良いのか、どこまで呼んだら良いのかわからない、という人もいますが、基本的に家族が誰を呼ぶのか決めることができる葬儀だと思えばわかりやすいかもしれませんね。家族ぐるみで親しい仲であったのであれば、その人を呼んでも良いでしょう。また、葬儀や結婚式の時しか顔を合わせないような他人が来る、ということもありませんので気を使う必要がありません。亡くなった人が最後にあいたがっているかもしれないと感じる人を呼ぶようにしましょう。

家族葬のメリットについて

家族葬を行う場合、参列人数は一般的に多くても30人程度だと言われています。普通の葬儀と同じようにお通夜を行い、翌日に告別式を行います。その後で仮装を行い、まるで小さなお葬式のような感じになります。しかし参列者が少ないということが一般的な葬儀との違いになります。
最近では少子高齢化により、お葬式のときの参列者がどうしても少ない、葬儀場は大きいのに参列者が少なくて寂しい、などという意見が増えています。かつては大々的に見送られることによって往生できる、などという考え方がありましたが、今では大規模なお葬式ではなく気心の知れた家族や大切に思ってくれる身内だけで静かに送って欲しいという考え方が一般的になりつつあるのです。また、一般的な葬儀に比べるとお金がかかりませんので出費を抑えることができます。
家族葬のメリットとしては、やはり落ち着いた雰囲気の中で葬儀を行うことができるということです。近所の人や知り合いなどを読んでしまうと、その人たちに気を使わなければいけませんので、遺族の負担が増しますよね。しかし家族葬にすれば知り合いしかいない状態ですから、思い出話などに花を咲かせたりしてリラックスしながら葬儀をとり行うことができます。また、世間体にこだわる必要もありません。周りは身内ばかりですから、自分たちが好きなように葬儀を行うことができるのです。
一般的な葬儀の場合、平均2,000,000円程度のお金がかかります。遺体の搬送や通夜、葬儀等人件費がかかりますし、食事代も負担になります。また寺院に払わなければいけないお金もかかりますのでざっと2,000,000円ほどかかるのです。しかし家族葬の場合は大きく費用を抑えることができ、大体500,000円もあれば葬儀ができると言われています。

家族葬におけるマナー

家族葬を行う場合、いくつか気をつけなければいけないことがあります。訃報があった場合はあちらこちらに知らせなければいけませんが、家族葬の場合は身内に声をかければ問題はありません。そのため大切な人に声をかけ忘れてしまったというトラブルが相次いでいます。家族葬とは言え、家族ぐるみで仲良くしてもらったり、本当に親しかった人には知らせておいた方が良いでしょう。家族葬だからといって「家族にしか伝えてはいけない」というわけでは無いのです。
また、いくら家族葬を希望していたとしても参列者が50人を超えてしまう場合、それは一般的な葬儀と同様になります。親戚が多いなどという場合、家族葬であってもどうしても参列者が増えてしまうということもあるでしょう。しかしどうしても参列者が多いようであれば、家族そうではなく一般的な葬儀をした方が良い場合もあります。その場合、家族葬にするのか普通の葬儀にするのかしっかりと話し合い、声をかけ忘れてしまったという人が出ないようにしなければいけません。
また、家族葬を行った後は葬儀が終わった後、周りに挨拶状を出す必要があります。中には「どうして私には知らせてくれなかったのか」という人も出てくるかもしれません。ですから、きちんと事情を書き、理解を得るということが大切です。人によっては葬儀の後、弔問におとずれる人がいるかもしれません。もしもそのような問い合わせがあった場合は自宅でその人を迎える準備をしておく必要があります。
家族葬の場合、基本的にはお香典というものはありません。しかし、後から弔問に訪れる人の中にはお香典を持ってくるという人もいますので、それを受け取るのか断るのかという事は家族でしっかりと話し合っておく必要があります。