墓じまい改葬する手順と離檀料

墓じまいをして改葬する手順と離檀料について

改葬を考える方が増えている背景

近年、核家族化と少子化がさらに進み、地方の田舎にあるお墓を維持する事が大変になって来ています。
高齢化して、終活を考える時、自分のお墓をどうするかという事と共に、田舎にある先祖代々の墓をどうするかで悩まれる方が増えているのです。
墓を継ぐ子供が居ても、その子供に田舎のお墓を維持する大変さを引き継ぐのではなく、自分の代で田舎のお墓の墓じまいをし、現在の住まいに近く、お参りし易く維持し易い納骨・埋骨施設に改葬しようと考える方が増えているのです。
一般的に都市近郊では墓地霊園が不足し、しかも見つける事が出来ても、永代使用料が非常に高い事、そして苦労してお墓を新たに建立しても無縁化する可能性があるため、永代供養してもらえる納骨堂や合祀墓等に納骨されるケースが多いようです。
しかし改葬は当然ですが勝手にできるものではありません。勝手にお墓を掘り起し遺骨を取り出す事は法律に触れる行為です。
改葬に当たっては、現在のお墓のある寺院、遺骨を移す新たな納骨・埋骨施設、そして役所へ申請して許可を得、またお墓を更地にして寺院に返すと言う結構面倒な手続き等が必要なのです。
本記事では、この改葬に関連する手順・手続きの概要をまず説明したいと思います。そしてその後に、改葬時に起こるトラブル事例としてニュース等で取り上げられる事もある寺院からの法外な離壇料の請求に関連して、離壇料について記載したいと思います。
改葬には大変な労力が必要な事を理解した上で、子孫のために適切な判断をされる事を願います。

改葬の手順と手続きについて

改葬の手順と手続きを、以下に順を追って説明したいと思います。
まず最初に墓仕舞いした後に遺骨を移す納骨・埋葬施設を見つけ、契約を取り交わします。この契約をして新たな施設から「受入証明書」を発行してもらいます。
次に現在の墓地の管理者に改葬する旨を話し、承諾を得て「埋葬証明書」を発行してもらいます。この時に寺院の墓地の場合、高額な離壇料を請求されるトラブルが稀に起きる事があるのです。この離壇料等、お寺さんに払うべき費用については次の項で説明したいと思います。
こうして「受入証明書」と「埋葬証明書」を入手した後、市町村にある「改葬許可申請書」に必要事項を記入して申請し、「改葬許可証」を出してもらいます。
以上の法的な手続きを終えると、遺骨を取り出す事が出来ます。実際に遺骨を取り出す際には、お墓から魂を抜く閉眼法要を行ってもらいます。
次に取り出した遺骨を「改葬許可証」を提出し、新たな納骨・埋骨施設に納め、開眼法要を営みます。
こうしてようやく遺骨を新たな施設に移すと、その後で元のお墓を更地にして寺院に返すための工事をする必要があります。墓地を購入すると言いますが、実際は永代使用料としてお金を支払っているもので、不用になれば墓石や区画の周囲を囲む巻き石も撤去し、墓地を更地に戻して返すが必要があるのです。
工事をしてもらう石材店を決めて、撤去工事を行ってもらいます。一般的に撤去工事の相場は1平方メートル当たり20万円程度と言われています。

離壇料に関する基礎知識

手順の説明の中で書いた様に、元のお墓の管理者から「埋葬証明書」を発行してもらう必要があり、この時に稀ではありますが、500万円と言った法外な離壇料を要求されるトラブルが生じる事があるのです。
そんな高額な離壇料を請求された場合、支払う必要があるのでしょうか。墓地を購入した時に契約書がある場合は一概に言えませんが、一般的にはこうした契約を交わしている事はなく、この場合、法的には支払う必要は全くありません。
しかし先祖代々のお墓として長くお世話になった寺院に対して、お墓を引き払う際にはこれまでの感謝の意味を込めて少し高めのお布施をするのが慣習として一般的で、これを離檀料と呼ぶ事もあります。
離壇料として20~30万円を要求された場合には、この金額を支払い、閉眼供養のお布施は別途3万円亭とすれば良いでしょう。
また離壇料と言う名目で費用を請求されない場合には、閉眼供養のお布施を20~30万円にして感謝の気持ちを表すと良いでしょう。
いずれの場合も、20~30万円ならお墓を引き払う費用として妥当ですが、先に記載した様な数百万円の離壇料請求は法外です。
もしこうした納得できない高額な離壇料を請求された場合には、自分であれこれもめるのではなく、行政書士等の代理人を立てて交渉してもらうのが良いでしょう。
また墓じまいを行う際には必要な親族に事前に説明し、後々もめないようにしておくことも大切です。
以上の様に、改葬には費用と共に、大変な手間も掛かるものです。しかし子孫のために改葬を決断されるなら、しっかりと手順等を把握して、行動される事が重要です。