少子化に伴うお墓に対する考えの変化、今や小さなお墓は一般的

少子化に伴うお墓に対する考えの変化、今や小さなお墓は一般的

「小さくても大丈夫」という人向けのお墓

納骨のための立派なお墓を購入し、それを子孫に守ってもらうというのがお墓に対する一般的な考えでした。また子孫の納骨も可能とするために、大きなお墓を建てるという人も少なくありません。そのためお墓の購入にはたくさんのお金が必要となるわけです。しかし最近ではこのような考え方に変化が生じるようになりました。恐らくこのような変化は、少子化の影響であると思われます。
まず子どもがいない夫婦や独身の場合、夫婦2人分、もしくは1人分の納骨スペースがあれば十分です。そのため大きなお墓を建てる必要はありません。また子どもが1人しかいない場合、子どもに迷惑が掛からないようにあえて小さなお墓を建てる人もいます。たとえば大きなスペースを他の人たちと共有する共同墓地の場合、毎年管理費を支払わなければなりません。この管理費は墓地によって異なります。しかし小さなお墓がたくさん建てられているところでは、管理費が安く設定されているのが一般的です。なぜなら小さなお墓であれば狭いスペースでもたくさんの人が利用することができ、その分、管理費も分割されるからです。お墓を建てた本人が亡くなった後、お墓を守るのはその子どもたちです。そして子どもたちが管理費を支払わなければならないわけですから、この点を考慮して小さなお墓をチョイスする人もいるのです。
このようにお墓に対する見方が徐々に変化しているために、最近では小さな墓石や共同墓地を比較的容易に見つけることができます。

小さなお墓の外見とは?

サイズの小さなお墓と言っても、様々な種類のものが存在します。もちろんいわゆるお墓の形をしており、サイズだけがコンパクトになったものも存在しますが、最近人気なのがプレート型の墓石を用いたシンプルなお墓です。これは地面の中に納骨スペースを作り、その上にプレート型の墓石が設置されたものです。さらにこの上に外国映画で見かけるような墓石のプレートを立てて設置したものもあります。
このような墓石は共同墓地などでよく見かけるもので、同じ形の墓石が同じエリアに規則正しく並べられます。多くの共同墓地には草木、そして花が植えられており、よく管理されています。そのため自然公園のような雰囲気を醸し出しており、遠くからでもその美しさを確認できます。お墓に来るとどうしても亡くなった家族のことを思い出し、悲しい気持ちになってしまうという人も少なくありません。このような人たちにとって、心が和む雰囲気を醸し出す共同墓地にお墓を建てるというのもお勧めです。
また共同墓地に建てるプレート型のお墓は、サイズの大きなものに比べると価格がリーズナブルです。そのため購入もそれほど難しくはありません。また自分のお墓のことを心配している両親のために、購入してあげることもでるかもしれません。もしかすると「お墓のプレゼントなんて、喜ばれるの?」と思われるかもしれませんが、終活などの話題が一般的になされている現在、このようなプレゼントもありでしょう。

個性的なお墓にすることも可能です

シンプルではあるものの、おしゃれなプレート型の墓石に魅力を感じる人は少なくありません。しかしこの墓石が人気の理由はこれだけではありません。この墓石には、様々な言葉やイラストを刻むことができるというメリットがあり、個性的なお墓とすることができるのです。
一般的な墓石には「~家之墓」などという文字が刻まれており、そのお墓が誰に属するのかが一目でわかるようにデザインされています。もちろんこのような文字を刻んでいるプレート型の墓石もたくさんあります。しかし中には亡くなった家族が生前に好きだった言葉や、その人に対する感謝の言葉を刻んだものなどもあります。またこれらの言葉の周りをおしゃれなデザインの枠で飾ったり、ハートマークを刻んで愛を示すなど、様々なデザインのものも存在します。中には魚の絵やサッカーボールなどの絵が刻まれたものもあり、これらは亡くなった人が生前に趣味としていた釣りやスポーツを思い起こさせるものとなっています。
もちろん墓石に何を刻むかは自由ですが、この点に関しては著作権が関係してくることもあります。そのためテレビや漫画などで知られているキャラクターなどを刻むことが難しと判断される場合もありますので、この点はしっかりと理解しておくべきです。
このようにプレート型の墓石を購入し、オリジナリティーあふれるお墓とすることができます。文字や絵によって墓石を華やかにするのであれば、花などを飾らなくても美しく見せることができます。